Pocket

 

気になる年下の女の子がいたら、デートや告白の前に自然な形で「ご飯」に誘ってみたいところ。あれ、「ご飯?」・・・気づきましたね、そうです「食事」じゃなくて「ご飯」なんです。

「食事」よりもフランクでライトな響きの「ご飯」、大切なのはこの感覚。初デートや告白ならば、ここ一番の勝負レストランでの「食事」に誘うのが正解でしょう。

 

でも、今回はそれより以前の段階で、お互いを知って仲良くなるのが目的なので「ご飯」がいいんです。

年下の女の子と「ご飯」に絶対行ける!アノ場所への誘い方

 

年下の女の子と「ご飯」に絶対行ける!アノ場所への誘い方・・・一体何のこと?って感じですよね、今から説明しますね。

 

ここで大切なことは、女の子が身構えずに「ハイ、行きます!」と言えるくらい自然に誘うこと。だって、今回の「ご飯」は告白するわけでもないし、デートなわけでもない、つまり「ご飯」に行くことだけが目的なんです。

 

そして、「ご飯」に行ったことにより、あなたを身近に感じたり、あなたの魅力に気づいたりさせられれば最高の成果と言えます。

年下の女の子を「ご飯」に誘うタイミング

 

ごく自然に「ご飯」に誘うにはタイミングよく誘わないとダメなんです。

 

  • 偶然に帰る時間が一緒になった時
  • 残業を手伝ってもらった時
  • 彼女が仕事でミスをしてしまった時
  • 彼女が仕事で結果を出した時

 

こういった「ご飯」に誘うタイミングはいつ訪れるかわかりません。そのチャンスが来たら、逃さず自然にさりげなく誘うのが重要。だから、日頃からプランを準備しておかなければならないんです。

日頃の準備があるからこそ、ここだというタイミングでリラックスした自然な誘い方ができるというものですよね。

「ご飯」の誘い方、誘い文句

 

年下の女の子と「ご飯」に行くためには、誘い方があります。

まずはダメな例から。

 

  • こんど僕と一緒に食事に行きませんか?
  • 一緒に食事どう?
  • 近いうちに君と食事に行きたいと思っているんだけでどうかな?

 

女性の心理になればわかることですですね。この誘いに乗ったら、「あなたの誘いに乗る」「あなたに好意がある」という意味に取られる心配を彼女にさせてしまってはダメなんです。

これでは食事に行くのはOKなのに断らざる得ない心境にさせてしまっているわけです。

年下の女の子と「ご飯」に行くならこんな店

中年男が美女を虜にする(容赦なき戦略4ステップ)  長寺忠浩

中華料理

 

「中華食べに行こう」「何皿か頼んでシェアしたんだよね、ひとりで一品注文してもつまらなくて・・・」

こう話せば、彼女はあくまで中華を食べに行くことに同意するということになりますよね、しかもですね、ひとりで一品注文してつまらない思いをするあなたを助けるという言い訳もできるんです。

 

女性ですから、自分を納得させるために仕方ないという理由を作ってあげると、よりOKが出やすくなるというわけです。そして、同じ料理を取り分けあって食べるうちに二人の仲も打ち解けてくることでしょう。

屋台

「お腹空かない?この前屋台見つけたんだけど寄ってみない?」

屋台はお店と違って屋外なのでガードが下がりやすいんです。また、なかなか女性同士では行かない場所なので年下の女の子にとっては興味津々でOKが出やすかったりします。

 

食べ終わったらそのまま帰れそうな安心感もあって気軽に誘う「ご飯」の穴場として使えます。最近では、イタリアンやフレンチの屋台もあるのでリサーチしておくとよいでしょう。

 

屋台に行こうと誘って、それがお洒落な洋風屋台だったりしたら一層喜ばれたりしますよね。

すし屋

 

「こないだから寿司が食べたくてしょうがないんだよね、ひとりでカウンターって苦手だから付き合ってくれない?」

 

これも中華と同じパターン。相手の女性が高級志向だったり、関係をもう一歩進めたい、あと一押し欲しい場合などに有効です。りげなくあなたにすし屋に一緒に行けるパートナーがいないこともアピールできます。

 

すし屋ではなく焼き鳥や、串揚げ、天ぷら・・・カウンター形式のお店なら同じパターで応用ができます。

まとめ

 

ここまで「ご飯」の使い方について説明してきました。食事やデートとは違う軽い誘いは、あなたの気を軽くするだけではなく、お相手の年下女性の心理的負担を軽くしてあげられるのでOKが出やすいんです。

あくまでも、「あなたの誘いに乗る」のではなく「ご飯」を一緒に食べるだけというところがポイント。

 

そして何よりこの「ご飯」の感覚を持つと、メリットがあります。それは、断られた時のダメージがお互いに少ないということです。

彼女が断ったのは、今日の「ご飯」であって、あなたではありません。なので、彼女が罪悪感を持つことがない・・・ということは気まずくならなで済む。

 

「ごめんなさい、今日は帰らないと」

「そっか、じゃあまたね!」

 

ここが「ご飯」のよいところ・・・だって、また誘えるじゃないですか。彼女との距離が縮まったなと思ったらまた誘えばいいんです、ダメならまたその次・・・・とね。

 

中年男が美女を虜にする(容赦なき戦略4ステップ)  長寺忠浩
p><ブログランキングの応援よろしくお願いします!>

 


年下との恋愛ランキング

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ
にほんブログ村

Pocket